尾関医師紹介

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

2017-11-14



ろご.png

                 〒453-0821 名古屋市中村区大宮町1-38
TEL:052-471-5600 
FAX:052-471-7853

P8157113.JPG

氏名 尾関 博重 (おぜき ひろしげ)
専門分野 内科
略歴

昭和56年東京慈恵会医科大学を卒業し、2年間の臨床研修終了後、慈恵医科大学第三内科に入局し臨床血液研究室に所属し、消化器癌、肺癌、乳癌や白血病、悪性リンパ腫といった悪性腫瘍の化学療法を専門領域とし当時東京の大塚にあった癌研究所化学療法科などに勤務し、悪性腫瘍の臨床、基礎研究に従事しておりました。白血病の研究で学位取得後、平成7年他界した父の病気もあり、出身地の名古屋に戻ることになり、それ以来大菅病院に勤務させていただき、一般内科、救急医療を中心に診療にあたっております。

所属学会

 

資格

 



「病気を診ずして病人を診よ」の心得

私が診療にあたり常に心がけていることは、母校の創始者である高木兼寛先生の「病気を診ずして病人を診よ」という言葉です。最近では内科領域の専門化が進み、とかく大病院では心臓だけ、肺だけの病気を診ることが重視され、病んで悩み苦しんでいる病人を診るということがおろそかにされていると思います。病気だけを診てある治療が必要と医師が考えても、個々の患者様の年齢、生活環境、人生観を考慮すると別の選択肢が存在することも多々あります。心電図を発明したゴールドバーガーの「病気というものはない。あるのはただ病める人間のみである」という言葉もあり、私は日ごろの外来診療で患者様の訴えをよく聞き、病気だけに目を奪われないように、これからも日常診療に取り組んでいく所存です。何かあればお気軽に外来受診していただければ幸いです。